顔の産毛を剃るか抜くか?

顔の産毛を剃るか抜くか?

顔の産毛を剃るか抜くか?これは個人差にもよりますが、もしメイクをしたら顔の産毛は隠せる場合は、剃る必要はありません。
それがダメなら、顔の産毛を剃ることにしてください。自分で抜くのはNGなのです。

 

剃る選択をして、メイクをしても青ひげとして跡になるぐらい濃い産毛の人は抜くのではなく、永久脱毛を考えてください。

 

毛抜きで抜くのは絶対にやめましょう。肌を刺激することになり、メラニン生成を始めてしまうかもしれません。
産毛より濃いお肌色になったら、電気シェーバーで剃っても意味はなくなりますよね。

 

抜くと毛穴に雑菌が入ったり、一緒に引っ張られた周りの細胞がきずついたり、血が出たりします。
特に敏感肌の人は、電気シェーバーでもその後にかゆくなったりする可能性がありますので、メイクしてもあまり目立たないようなら産毛処理はしないほうがいいです。
顔の産毛処理で一番メリットがあるのは、顔の色がワントーン明るくなる、剃った後は肌がつるつるになる(毛がなくなりますから)からです。
一度シェービングすると、定期的にせざるをえなくなりますので、今何もしなくても大丈夫な人はやめたほうがいいです。

 

顔の産毛を剃るメリットはお肌の色がクリアになって、ワントーン明るくなることです。また、産毛を剃るときに古い角質も削れるので、肌のゴワつきもやわらぎます。
産毛と古い角質がなくなると、ファンデーションが肌にピタッと密着するので、化粧のノリがアップするというメリットもありますよ。

 

剃る頻度は個人差がありますので、自分で心地悪くなってきたらでどうでしょうか?早くても3日ぐらいは空けたほうがお肌にも優しいです。

 

また、剃った後にはいくらお肌に直接刃が当たらない電気シェーバーでも、ちょっとしたことでニキビになったりしますので、抗炎症作用のクリームを塗ること。
保湿をたっぷりすることです。壊れた細胞から水分が蒸発しないように、気をつけてください。これでお肌も、ぷるぷるになって、さらに毛穴は目立たなくなります。
鼻の下だけでなく、唇のすぐ下も産毛でくすんで見えやすいので、忘れずにちゃんと剃るなら徹底してくださいね。

 

チークがきれいに発色しないという人は、こめかみから頬骨の上を丁寧にお手入れしてみてください。
これであなたも一段明るいお肌とお化粧のりのよい輝いた女性になれると思います。

 

お肌を大切にするようになれば、夜更かししない、化粧をしたまま寝ないなど、お肌によくないことをなるべく避ける意識が高まるといいですね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?