顔の産毛を剃るタイミング

顔の産毛を剃るタイミング

顔の産毛を剃るタイミングは生理前の皮脂分泌が盛んな時を除いてください。それ以外は、毛の生え変わる周期を知ることです。

 

顔の産毛が成長期の時に剃ると、翌日また成長した毛が生えているので、二度手間になります。このタイミングが悪いタイミングです。
良いタイミングは成長期が終わり、自然に抜け落ちる直前です。

 

これなら、もう抜ける前のタイミングだったため、翌朝また顔の産毛が生えているなんてことにはなりません。
むしろ、次の休止期間を終えて生えてくるまでは、顔の産毛を剃る必要がなくなります。

 

上記で毛の生え変わる周期を書きましたが、まずは休止期間があります。毛が生えていない状態で、毛根だけが毛穴にあります。
次に成長期で、毛根から毛が生えだしてきます。そして、一定期間生えていた産毛は自然と抜け落ちることになります。

 

抑毛スキンケアクリームも同様の効果を発揮することがわかっています。
いま脱毛美容界で注目となっているフィリニーブという天然由来100%の成分は、自然に毛根を弱らせて、するりと産毛が抜け落ちます。

 

時間はかかりますが、その間に美肌効果も発揮してくれるので、普通の化粧品同様に朝晩使いながら、顔の産毛を剃るのがベストではないでしょうか。
顔の産毛は腕や脚と同様に、個人差が大きいと思います。

 

鼻の下やあごだけという人もいれば、フェイスラインや額や眉間にも産毛が生えているという人がいると思います。
鼻の下など顔の中心にある顔の産毛は目立ちますので、なるべくちゃんとケアしてメイクしてから会社に行きたいですよね。

 

でも、額など、前髪もあってあまり気にならないようなら、何もしないほうがいいと思います。
一度剃ると、自然に抜け落ちた産毛以外は、丸太の状態からはえてきますので、濃くなったように見えたりもします。

 

だから余計に、あえて無理して剃らなくてもいいところは、さわらないというのがいいと思います。
それよりは、生活習慣を見直して、女性ならいずれはやってくるであろう更年期に備えるほうが賢明です。

 

更年期(閉経前5年前ぐらいから、閉経後数年)は、ひげどころか、うつや頭痛、慢性的な不安、いらいらに悩まされる可能性があります。
それに備えるには、今から食生活、睡眠時間、規則正しい生活に、自分が没頭できる趣味を見つけておくことです。

 

そうすれば、自分なりのストレス発散法がわかり、何かぴりぴりするようなことがあっても、趣味の時間を作るだけですっきりしたりするものです。
それまでは、最小限で顔の産毛の自己処理を丁寧に行いましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?